「2015年7月」の記事一覧

日本国憲法はアメリカからの押し付けであったのか?

kenpo1[1]

現在、大いに世間を騒がせているのが、集団的自衛権行使の問題です。 この争いの根本となっていのが、集団的自衛権を行使することが憲法に違反するのか、しないのかという問題。 では「憲法って何って?」というお話しですが、憲法はそ・・・

硫黄島の戦い 忘れられた遺骨と手紙

ioutou1[1]

日本中の若者たちが憧れる大都会、東京。 日本の首都として、情報発信の中心地として、多くの人々が繁栄を謳歌している街です。 しかし、そんな東京都には、伊豆諸島そして小笠原諸島という島嶼部があることを、皆様はご存じでしょうか・・・

アッツ島の戦い 17日間の玉砕戦

atu1[1]

北緯52度54分、東経172度54分、アメリカ合衆国最北端にあるアラスカ州に属する海に、アッツ島という無人島が存在します。 そこは、一年の天気の殆どが雨又は雪、晴れる日は年間数日しかない上、極寒の気温と凄まじい強風に見舞・・・

特攻隊について 隊員たちの高潔な精神に想いを馳せる

toko1[1]

太平洋戦争で最もアメリカを恐怖させた日本の作戦として知られるのが、特別攻撃、つまり「特攻」です。 爆弾を満載している爆撃機が、死を恐れず突っ込んでくるのですから、やられる方にしてみれば、これは正に身も凍るものであったに違・・・

日本が太平洋戦争に向かった本当の理由を考える

rekisi[1]

誰もが学校で学ぶ日本の歴史。 何を勉強して来たかな・・・と考えると、明治維新以降の近代史が異常に影が薄いとは思いませんか? これは何も、あなたが授業を聞いていなかったという理由によるものではありません。   こ・・・

集団的自衛権の行使容認がなぜ問題なのか?

syudan1[1]

集団的自衛権行使の容認する法案が成立を迎えようとしています。 多くの反対団体がデモを行い、憲法9条を守れ!戦争法案反対!などと叫びながら街を練り歩いています。 本日は集団的自衛権の行使容認の問題について考えてみたいと思い・・・

序文 ごあいさつに代えて

jobun1[1]

  皆さんは我が国「日本」のことを愛しておられるでしょうか? これを読んでいる、殆どの方が、もちろん大好き!と思っておられることと思います。 永い歴史を持ちながら、太平洋戦争に敗北するまで、他の国家や民族に支配・・・

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 67今日の訪問者数:
  • 256昨日の訪問者数:
  • 87今日の閲覧数:
  • 360昨日の閲覧数:
  • 98925総閲覧数:
  • 77800総訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:

スポンサーリンク

このページの先頭へ