「2015年10月」の記事一覧

子供を叱るのが親の愛情

sikaru1[1]

  先日、このようなニュースが報道されていました。 以下記事の内容 小学1年生の「暴力」5倍に その意外な「理由」とは 文部科学省が2015年9月16日に発表した「問題行動調査」で、国公私立の小学校での「暴力行・・・

東郷平八郎 多くの逸話に彩られた名将の生涯

Togo4[1]

「世界で最も有名な日本人」そんな言葉を耳にする機会が時折あるかと思います。 そんな際に頭に浮かぶのは、海外リーグで活躍するサッカー選手や、メジャーリーグに挑戦している野球選手の顔であるかと思います。 しかしながら、実際に・・・

産経新聞元ソウル支局長の裁判!韓国検察が懲役1年6月求刑

sankei1[1]

  2015年10月20日、SankeiBiz(産経新聞ネット版)に下記のような記事が掲載されました。 産経前支局長に懲役1年6月求刑 弁護側最終陳述「記事は当然」 この記事は、2014年4月16日に韓国で発生・・・

「足るを知る」ことが誇り高き日本人への第一歩

taruwo1

近年、日本は住み辛い国になったとの意見をよく耳に致します。 もちろん毎日のように起こる凶悪な事件の報道もその一端ではあるでしょうが、平穏な日常においても、このような感覚に襲われることが多いように思われます。  ・・・

鈴木貫太郎 ポツダム宣言受諾を実現させた不死身の男

KantaroSuzuki5[1]

第42代内閣総理大臣 鈴木貫太郎という名前を皆様はご存じでしょうか。 ご存じない、もしくは名前ぐらいは聞いたことがあるといった方が殆どなのではないしょうか。 実はこの鈴木貫太郎、戦前のクーデター「二・二六事件」で瀕死の重・・・

イジメを克服し、強く生きるために武道を学ぶ

budou1[1]

近年、社会問題として取り上げられることの多い「イジメ」の問題。 高度経済成長の頃よりイジメの問題が取り沙汰されはじめ、現在においても日本社会の病巣として、憂慮されています。 実は管理人も、学生時代に何度となくイジメの標的・・・

恥を知ることが日本人の美徳

hajirai1

  近年、ニュースなどで目にする事件の内容が、非常に凶悪化しつつあるような気が致します。 幼い子供をいい大人が誘拐してみたり、親を傷付ける、兄妹を傷付けるなど、その枚挙には暇がありません。 以前の日本は安全と水・・・

東条英機 最後の言葉に託された英霊の遺言

TojoHideki3[1]

東条英機という男の名を知らない方はおられないことと思います。 先の大戦において、戦争を指導し戦犯として処刑された権力者・・・そんな悪いイメージをお持ちの方が殆どであることでしょう。 確かにネットやテレビの戦争特番などを見・・・

東京裁判 事後法で裁かれた英霊たち

tokyosai1[1]

極東国際軍事裁判という言葉を耳にされたことはございますでしょうか。 聞き覚えの無い方でも、別名である「東京裁判」というワードを聞けば、「ああ、戦争犯罪者が裁かれた裁判ね」とピンッとこられる方も多いことと思います。 また、・・・

韓国が反日国家である理由

kankoku1

我が国、日本と何かと関わりの多い隣国「韓国」。 竹島問題、従軍慰安婦問題等、多くの政治的なトラブルを抱えながらも、我が国での韓流ブームは記憶に新しいですし、日本を旅行で訪れる韓国人の数も中国に次いでの多数となっていたりと・・・

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 68今日の訪問者数:
  • 256昨日の訪問者数:
  • 88今日の閲覧数:
  • 360昨日の閲覧数:
  • 98926総閲覧数:
  • 77801総訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:

スポンサーリンク

このページの先頭へ