韓国慰安婦少女像問題について考えます!

韓国慰安婦少女像問題

 

我が国・日本とその隣国である韓国が抱える「遺恨」といえば、第二次大戦中の従軍慰安婦強制連行の問題ですよね。

未だにこの事件を「史実である」とお考えの方も多いかもしれませんが、この件を大々的に報じたA新聞は記事がねつ造であったことを謝罪。

また、「事実である」と主張を続ける韓国側からも、強制連行が行われた具体的な証拠の提出は一切ない状態ですから、日本は事実無根の事件で因縁を付けられているというのが実情でしょう。

しかし、そんなこの問題が大きく動いたのが、昨年発表された慈雨軍慰安婦問題に関する日韓同意でした。

我が国は安倍総理主導の下、10億円を支払うことで慰安婦問題に不可逆的な解決を行い、韓国はこれに同意した上、各地に設置された少女像の撤去を約束したのです。

この安倍総理の決断に対しては、「無実の罪を認めることになってしまう!」、「どうせ彼の国は、お金をもらっても騒ぎ続ける!」といった批判が叫ばれるのでした。

そして2017年に入って早々、韓国が新たなアクションを起こします。

それは釜山の日本総領事館前に新たな従軍慰安婦の少女像が建てられたのです。

今回の記事では、「韓国慰安婦少女像問題について考えます!」と題して、この問題の流れと日韓両国の反応をレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

少女像を巡る両国の攻防

では早速、この問題を巡る両国の攻防を見て行きたいと思います。

市民団体による日本大使館前の少女像設置を受け、まずは日本がアクションを起こします。

日本の反撃

【速報】駐韓大使ら一時帰国へ 日韓通貨スワップ協議の中断 慰安婦像設置へ対抗措置 政府 出典 保守速報

日韓同意が行われた直後であるにも係らず、少女像が設置されたことを受け、菅官房長官は韓国に駐在する大使の帰国や、韓国経済を救うために行う通貨スワップの協議の中断等を盛り込んだ対応を発表します。

韓国のこうした行為はこれまでも繰り返されて来ましたが、ここまで断固たる処置に踏み切った政府の対応に驚かれた方も多いはず。

10億円の拠出や、通貨スワップには反対という意見の方も多かったようですが、安倍総理の狙いは初めから「韓国への縛り」だった模様です。

 

慌てる韓国政府

【速報】韓国外交部が”釜山慰安婦像”移転要求!!→釜山東区庁長「自分でやれ」 出典 保守速報

以前の記事でもお話致しましたが、現在韓国の経済は大変な窮地に立たされています。

日本の通貨スワップという救いの手無しには、立ち行かない自国の事情を理解している韓国の外交部は、少女像が建てられた釜山東区庁長に撤去を指示しました。

しかしながら、この要請に対する釜山東区庁長の返事は「(政府が)自分でやれ!」という驚くべきものだったのです。

 

誰も責任を取りたくない韓国

【速報】韓国政府「政府は像の撤去をしない。市民団体と日本政府で話し合って解決を」 出典 保守速報

そして釜山東区庁長から少女像の撤去を断れた政府は、日本に対して「自分たちは像を撤去しない」、「設置した韓国の市民団体と日本が直接交渉をしてくれ」という、とんでもない返事をして来たのです。

国として従軍慰安婦問題に合意した上、少女像の撤去に努力すると宣言したのに、「国は関知しない」というのは、あまりに酷い対応と言わざるを得ません。

韓国という国も、役人たちも「国民から叩かれたくい」という一心で、徹底的に「逃げ」に徹しているという訳なのです。

 

野党からは日本パッシング

【速報】韓国野党が激怒「狭量な安倍首相の行為に失望した。必要なのは誠意のある謝罪と反省」 出典 保守速報

そして彼の国の野党からは、日本に対するバッシングが開始されます。

「安倍総理は心が狭過ぎる」、「誠意ある謝罪と反省をしろ」と言うのです。

自分たちがした約束を破っておいて、相手に「心が狭い」、「誠意がない」などと良く言えたものですよね。

野党とは言え、国民の代表である政治家ならば、もう少し「道徳心」というものを持ってもらわねば困ります。

 

麻生大臣も難色

【日韓通貨スワップ】麻生大臣「約束した話が守られないなら、貸した金も返ってくる可能性もない」早期交渉再開に難色を示す 出典 保守速報

こうした事態を受け、日韓通貨スワップを主導する麻生大臣も苦言を呈します。

確かに、約束を平気で破る国と通貨スワップの話など進められる訳がありません。

 

少女像を条例で保護

【速報】釜山慰安婦像の「保護条例案」提出へ 韓国釜山市議会のチョン議員 出典 保守速報

日本への対応にすっかり頭を抱える韓国政府を尻目に、釜山市の市議会議員からは少女像を条例で保護しようという動きが行われます。

この条例が可決されれば、少女像の撤去は更に難航するのは明らかです。

しかし、韓国経済の行方を大きく左右する通貨スワップが存続の危機に瀕しているのに、この議員さんは自国の未来はどうでも良いというのでしょうか。

「自分の人気のためなら、国の未来なんて知ったことではない」、こうした考えをお持ちなのかもしれません。

スポンサーリンク

 

日韓合意無効という意見まで噴出

【速報】韓国最大野党「慰安婦合意は、ただ現金10億円を受け取っただけで日本から公式謝罪すら受けていない。だから、我々としては到底受け入れられない無効の合意だ」 出典 保守速報

韓国の野党からは、「そもそも日韓合意自体が無効なのではないか?」という意見まで飛び出します。

これでは合意も、条約も何の意味も持たなくなってしまうでしょう。

この様な国とは、経済協力など出来るはずがありません。

 

次期大統領候補も発言

【日韓合意】前国連事務総長のP氏「日本が拠出した10億円が少女像撤去に関連したものなら返還を」 出典 保守速報

前国連事務総長であり、次期韓国大統領候補の筆頭であるP氏からも、「10億円を返してしまえ」という発言が飛び出します。

実はこの方、少し前には「日韓合意に大賛成」していた人物です。

また、日韓合意の内容をしっかりと読むと、10億円の受け取りと、少女像撤去は交換条件ではありません。

例え10億円を返しても、韓国には少女像を撤去する努力義務を果たさなければならないのです。

合意内容さえ、満足に目を通していない人物を大統領にしても大丈夫なのでしょうか。

他人事ながらも、心配になってしまいます。

 

在日朝鮮人とも仲違い

民団「韓国は慰安婦像を撤去しろ」 → 韓国人火病「売国奴!」「お前らは同胞じゃない!」 出典 保守速報

こうした日韓の衝突を受け、民団も韓国の対応に苦言を呈します。

しかし、この助言に対して彼の国の人々は猛反発し、「売国奴!」、「お前らは同胞じゃない!」などの批判が飛び交うことに。

国内ばかりか、民族同士でも仲間割れ。

いやはや、困ったものです。

 

未だ増え続ける少女像

【速報】韓国平和の少女像委員会、京畿道の”安養市”と”平沢市”、全羅南道の”麗水市”に「慰安婦像」を新たに設置へ!!! 出典 保守速報

こうして韓国を窮地に陥れている少女像問題ですが、これらを設置した市民団体は、今も像の設置を継続しています。

「自分たちの主張さえ通れば、祖国のことはどうでも良い」というのでしょうか。

彼ら市民団体の多くは「プロ市民」と言われ、反日活動を営利目的で行っているとも言われます。

「愛国心よりもお金」な方々なのかもしれません。

 

遂に領土問題にまで発展

【速報】韓国団体、日本領土竹島に慰安婦像建設へ!!!  出典 保守速報

そして遂に、韓国の市民団体はやってはいけないことに着手しようとしています。

日本が固有の領土であると主張している竹島に少女像を建てようと画策しているのです。

これがもし実現すれば、これは最早「領土を巡る問題」となりますから、通貨スワップどころか、日韓の関係は最悪の状態となるのは間違いありません。

また、我々日本人もこの行いを見て見ぬフリは絶対に出来ません。

伝え聞くニュースでは、年内にも像を建てようと考えているようですが、これだけは断固として阻止するべきです。

スポンサーリンク

 

慰安婦少女像まとめ

さてここまで、一連の少女像問題について、その経緯をレポートして参りました。

現在韓国は、朴大統領が職務を停止され、経済界を牽引する複数の企業が大きな損失を出した上、そのトップが逮捕されるかもしれないという、未曾有の事態に直面しています。

政治が止まり、経済が止まる。

こんな危機的状況でも、国民は力を合わせることなく、個々の主張と利益を追って身勝手な行動を繰り返しています。

韓国のことを本気で心配するなら、「今はそんなことより、国の未来を考えろ!」というのが正直な気持ちです。

しかし、ヒートアップした彼らの中に、そんな冷静な考えを持っている方はおられないかもしれません。

隣国の沈み行く姿など見たくはありませんから、是非とも賢明なる判断をお願いしたいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 32今日の訪問者数:
  • 219昨日の訪問者数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 349昨日の閲覧数:
  • 215178総閲覧数:
  • 166788総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

スポンサーリンク

このページの先頭へ