子供を叱るのが親の愛情

叱る 教育

 

先日、このようなニュースが報道されていました。

以下記事の内容

小学1年生の「暴力」5倍に その意外な「理由」とは

文部科学省が2015年9月16日に発表した「問題行動調査」で、国公私立の小学校での「暴力行為」が14年度は1万1468件あり、調査を始めた06年に比べ3倍になった。

中略

■教師の胸ぐらをつかんだり噛み付いたり

「問題行動調査」によれば、14年度に起こった小学生の暴力は、児童間が7113件、教師に対するものが2151件、器物損壊が1997件、外部の人に対するものが207件あった。

2010年から増え続けていて調査を始めた06年に比べると3倍に増え、加害人数は小学1年生が5倍、2年が4.3倍、3年が4.2倍で、6年の1.9倍に比べると低学年ほど増えている。一方、中学生は前年度比11・3%減、高校生は同13・6%減とマイナスになっている。

小学生の暴力行動が増えた原因について、突然キレるなど感情を抑えることができなかったり、暴力以外の解決方法を知らない子が増えていたり、親に構ってもらえず貧困などで欲しいものが手に入らないなどがストレスとして表面化しているといった解説が新聞などに出ている。

また、教員の指導不足を指摘するものもある。教員に対する暴力には、教員の胸ぐらをつかんだり、足を何度も蹴る、噛み付いたりイスを投げたりする。「死ね」「うぜぇ」と言葉を浴びせるといったものがあるという。

こうした報道にネットでは、

「大人たちに絶対的な強さがねぇんだよ…だからガキに舐められるんだ」

「教師の鉄拳制裁を復活させればいい。甘やかしすぎなんだよ」

「教師が暴力児童を抑え込んだだけで、親が人権団体に訴えたり、第三者委員会が学校に責任追及、謝罪、損害賠償したりするから教師は一切手出しできない」

などといった意見が出た。

記事の内容ここまで

ヤフーニュース 小学1年生の「暴力」5倍に その意外な「理由」とは より引用

小学校低学年の児童が、大人に対して暴言を吐き、暴力を振う。

昭和の時代に学生生活を送っていた管理人にとって、これは非常に衝撃的な内容のニュースでした。

スポンサーリンク

 

私の場合は、子供ながらに「先生の言うことは間違っている」と思うことは多々ありましたが、目上の相手に対しての言葉遣いはしっかり弁えていたつもりですし、暴力を振うなどということは考えたこともありませんでした。

ニュースの中では、家庭におけるストレスや貧困が理由なのではないか・・・と語られていましたが、私はその様には思いません。

では何が原因であるのか。

それは親の甘やかし過ぎと、それを美徳とする社会の風潮に原因があると考えます。

電車の車内や、街中などで家族連れの姿を目にする機会は多くありますが、最近の親の子供たちに対する態度は、あまりに優し過ぎるように思います。

子供が電車の中だ大声で騒いでいたり、レストランの中を駆け回っていても、一切注意をしない親を多数見掛けますし、例え注意をしたとしても、それは非常に手ぬるいもので、自分が子供時代に同じことをしていたなら、確実に泣くまで叱られていたな・・・というのが素直な感想です。

時折、見兼ねた周りの大人が注意をする光景も目にしますが、親によっては逆に叱った相手に食って掛かったりと、日本人のモラルはいよいよ地に落ちつつあるのを実感させられてしまいます。

まず、こうした子供をしっかりと叱れない親御さんに申し上げたいのは、「愛する」という言葉の意味を理解して頂きたいということです。

確かに子供は可愛いでしょうから、甘くなってしまう気持ちも解ります。

また、子供の内くらいは自由にさせてやりたいと思おう気持ちも解らなくはありません。

しかし、叱られることなく子供が成長すれば、学校では厄介者扱いされ、いずれはイジメられ(イジメる側にもなるでしょう)、社会に出れば会社に適応出来ず、無念の人生を送ることのなるのです。

本当に子供の幸せを考えるならば、時には手を上げてでも、叱り付けることが「愛情」なのです。

そんなことを言われても、自分には出来ない・・・と思われるのであれば、あなたに親になる資格はありませんし、自分が子供に嫌われるのが怖いだけの臆病者に過ぎません。

そして、このような子育てをされた方には、将来必ず報いが訪れることでしょう。

何の仕事をしても長続きしない子供、何度結婚しても上手くいかない子供、自分の生活でいっぱいいっぱいなのに、独立してくれない子供。

これらは全て、親であるあなた自身に責任があるのです。

スポンサーリンク

 

また、こうした不出来な親を増やししまったことには、社会にも責任があります。

親や教師が子供に手を上げれば虐待だ!人権問題だ!

これではまともな人間が育つはずがありません。

しかし、社会や教育の現場には、こうした偏った人権主義者が多数存在しています。

そして彼らは広く強固なネットワークを持ち、連携しながら巧みに活動を行っているのです。

このような者たちを社会や教育の場から排除していくには、これに反対する者たちが手を取り合うしか方法がありません。

何かに付けては人権だ、差別だと騒ぐ者たちは恥ずかしい存在であり、そのような脅しには屈しないという雰囲気造りが何よりも大切なのです。

保護者同伴の遠足、懇親会、どんな機会でも構いません。

同じ志を持つ者を探し出し、少しづつ仲間を増やしていってはみませんか。

その輪が少しづつ広がれば、「叱らない非常識な親は恥ずかしい親」との認識が広がり、結果的には事件の少ない平和な日本を取り戻していけるような気が致します。

子供を叱ることこそが親の愛情!誇り高き日本人を取り戻すための第一歩として、教育を見直してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 22今日の訪問者数:
  • 265昨日の訪問者数:
  • 26今日の閲覧数:
  • 335昨日の閲覧数:
  • 99553総閲覧数:
  • 78277総訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:

スポンサーリンク

このページの先頭へ