集団的自衛権の行使容認がなぜ問題なのか?

集団的自衛権行使の容認する法案が成立を迎えようとしています。

多くの反対団体がデモを行い、憲法9条を守れ!戦争法案反対!などと叫びながら街を練り歩いています。

本日は集団的自衛権の行使容認の問題について考えてみたいと思います。

集団的自衛権 憲法

 

まず前提としてお話したいのは、私たち日本国民には二つの自衛権が認められています。

それは個別的自衛権と集団的自衛権です。

仮にあなたが暴漢に襲われ、自分の身を守るために相手を殴り倒します。

これが個別的自衛権の行使。

次に、あなたの友人や恋人が暴漢に襲われている場に出くわしたとします、当然あなたは暴漢を取り押さえようとしますよね。

これが集団的自衛権の行使に当たります。

そしてこれは、当然ながら正当な行為ですよね。

先程、日本人には個別的自衛権と集団的自衛権が認められていると言いましたが、これは世界中の人間に共通、人間として当然に認められた権利です。

ここまでは、テレビの討論番組などでも散々言われているお話だとは思います。

そこで一つ考えて頂きたいのは、国家、国とは何であるかということですよね。

非常にシンプルに考えれば、国は人間の集まりです。

人間である以上、先に述べた二つの自衛権は当然認められているのですが、我が国日本では、国家として現行の憲法により、その両方が認められていない状況にあるのです。

こう言うと、個別的自衛権は認められているでしょ?というお声が聞こえて来そうですが、そもそも日本憲法の第9条には

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は 武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

と明記されています。

個別的自衛権の象徴でもある自衛隊は、「軍」ではないことになっていますが、2項でいう「その他の戦力」で あることは疑いがありません。

無理な憲法解釈により自衛隊は存在出来ていますが、普通にこの9条を読めば、憲法違反であることは誰でも解ることですよね。

集団的自衛権が憲法違反だというのならば、個別的自衛権も当然憲法違反になるという訳です。

何を今さら集団的自衛権が憲法違反だなどと言っているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

また、集団的自衛権は既に、我が国で運用されています。

まず、日米安全保障条約です。

これはどちらかの国が他国に責められた際は、それを助けるという趣旨の条約ですから、これってどう考えても日本とアメリカ間での集団的自衛権の行使を約束する条約ですよね。

また、日本が加盟している国連(国際連合)の国連憲章にも、国連の参加国は個別的自衛権と集団的自衛権を持つことが明記されています。

集団的自衛権が憲法違反だというのならば、日本は国連に加盟していること自体が憲法違反です。

プラカードを持って街を練り歩くのは結構ですが、そんな方々が言っているのは、日米安全保障条約撤回!国連脱退!といっているのと同じです。

そんな方々は、どうやって日本を守っていくつもりなのでしょう。

デモに参加される方には、是非、その答えを聞かせて頂きたいものです。

そして、このデモを裏で操っている方々の本心は、日米安保を破棄し、日本を中国の一部にしたいと考えているのだということに気付くべきです。

また、集団的自衛権の行使が日本を戦争に向かわせるという意見がありますが、今回議論されているのは安保(安全保障)、つまり戦争を起こさないための法案です。

こうした意見は既に本末転倒の状態になってしまっているのです。

安全保障ならば既に自衛隊が存在するし、他国の支援に行く必要などないのでは?と思われるかもしれませんが、

現在の憲法と法律では、自分たちの力のみで国を守ることは不可能です。

スポンサーリンク

 

自衛隊については、別の機会に更に詳しくお話ししたいと思いますが、仮に何処かの国から日本が攻撃を受けたとします。

自衛隊が全力で、この敵を倒す行動に出る(防衛出動)までには、まず敵勢力の分析が必要です。

ご丁寧に相手が宣戦布告でもしてくれない限りは、これがテロなのか、他国の侵略行為なのかの 慎重な判断が必要になります。

その上で、内閣総理大臣は防衛出動に閣僚全員の同意を得なければなりませんから、一人でも反対する者がいれば、その閣僚を罷免して、新しい者を任命して、改めて全員の同意を得なければなりません。

また国会会期中なら、国会の承認も必要ですし、ようやく自衛隊の反撃が出来ても、正当防衛の範囲を超える攻撃をしてしまえば、自衛官は殺人罪に問われます。

手続きに要する時間だけでも、敵はドンドン侵攻してくるでしょうし、いくら自衛隊が優秀でも、殺人罪に問われ可能性があるのでは、思うような反撃は出来ませんよね。

これが現在、我が国が攻め込んで来た外敵に行える防衛の限界です。

自衛隊がいても、敵にとってはそれ程の障害にならないですよね。

だからこそ、親しい国の危機には救援に行き、自分が攻められたら時には守ってもらう。

単独での日本は怖くないが、同盟国がいるから、迂闊に手が出せない・・・この図式を作るための、 安保であり、集団的自衛権の行使なのです。

集団的自衛権 防衛

※陸上自衛隊HPより引用

更に解りやすい例を挙げましょう。

あなたに子供がいるとします。

ある程度の体力はある子供ですが、反撃はしない主義ですから周りの不良たちにイジメを受け続けています。

そして不良たちに対して、一人で身を守る力も持っていません。

最近、不良たちのイジメはエスカレートしており、子供の彼女を連れ去ったり(拉致問題)、大切な物を盗まれたり(領土問題)しています。

また不良たちは、彼の友人達にも酷い嫌がらせを続けており、一触即発の状況(南シナ海問題)となっており、何時、自分が暴力を振るわれてもおかしくない状況になっています。

さて、親であるあなたは、自分の子供にどんな指示出しますか?

仲の良い友人と協力して、不良に対抗させる。(集団的自衛権行使容認)

無防備でも自分の子供は殴られるはずはないので、放置する。(憲法9条死守、戦争法案反対)

私たちが今、直面しているのは、正にこの選択なのです。

子供の未来を決めるのは、親であるあなた(日本国民)の決断です。

しっかりと考えた上で、子供の運命を決めて頂きたいものです。

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 72今日の訪問者数:
  • 256昨日の訪問者数:
  • 93今日の閲覧数:
  • 360昨日の閲覧数:
  • 98931総閲覧数:
  • 77805総訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:

スポンサーリンク

このページの先頭へ