安保法案成立!その舞台裏に迫る

2015年9月18日、集団的自衛権行使を容認する安保法案が成立しました。

野党の皆さんや、デモ隊の皆さんは、戦争が始まると大騒ぎしていますが、繰り返しお話しているように、これは大きな間違いです。

戦争が始まるどころか、これまで全く機能していなかった日本の自衛権が、ほんの少し強化された程度のものであり、我が国を守るにはまだまだ改革が必要な状況です。

安保法案成立 デモ

 

これまで安保法制に反対の方々は、日本が他国に攻められ、滅びても良いのだろうか?という投げかけを繰り返し述べて参りました。

真剣に日本の行く末を考えるのであれば、こうした意見にも耳を貸して貰えるかと思ってのことでしたが、この度の参議院での審議の顛末を見ている内に、大きな疑問が生まれて来ました。

それは安保法制に反対する多くの方が、本気で日本が他国に侵略されてしまえば良いと考えているのではないかという点です。

護憲派と言われる方々の演説や答弁も真剣に聞いてみましたが、その論理は全く納得出来ないことばかりです。

日本国憲法は、自国を防衛するための内容を一切含んでいない世界でも非常に珍しい憲法です。

唯一、国防に関して触れている9条でも、一切の武力を保持しない、何処の誰だかも判らない人々の善意に国の防衛を任せると宣言している始末です。

国民を一切守らない憲法を一言一句変えずに守り続けたいと願う人々の感覚は、本当に理解に苦しむものがあります。

私が敬愛する独立総合研究所の青山繁晴氏のご意見では、もはや護憲派の方々の行動は宗教に近いものがあり、信者が日本国憲法という経典を必死に守ろうとしているように見えるとおっしゃってられましたが、この意見は実に的を得ていると思います。

憲法と言う人間が造ったものを、時代や環境の変化を知りながらも、ひたすらに守りたいと願う彼らの動機は一体何なのでしょう。

自動車であれ、パソコンであれ、携帯電話であれ、時代の流れと共に進化していくのは当然のことであり、戦後のドサクサで、外国人主導で造られた憲法だけが例外というのは余りにおかしな話です。

そこで、安保法制がもし廃案になった際、誰が最も得をするのかという点について考えてみることにしました。

そしてこれを突き詰めていくと、日本の防衛体制を脆いままにしておきたい勢力、つまりは日本をバッシングし続けている近隣諸国の姿が浮かび上がって来るのです。

実際、論戦の中で強く安保法案に反対をしている方たちの経歴を見ると、帰化はしているものの以前は外国籍であった方、妻や夫が外国籍の方である議員も多く含まれています。

また、公表はしていないものの党員の半数近くが元外国籍の方で構成された政党などもあるようですから、これはいよいよアンチ安保法派の方々が、近隣諸国の利益のために行動している可能性が高く思えて来ます。

戦争反対!世界に誇れる憲法9条を守れ!と言いながら、本心は自分の母国の利益のために頑張っている。

折角、日本の国籍を取得し、政治の世界に身を置いているのに、他国のためだけに行動するというのは非常に残念なことです。

そして我々有権者も、こうした政治家たちの思惑に流されることなく、祖国を守るためにどの政治家を支持するべきかを、真剣に考えなければならない時代となっているようです。

スポンサーリンク

 

また、今回の安保法制の流れについては、マスコミ報道にも不審な点が数多く存在します。

まずは、採決などに当たっての「数の論理に物を言わせて」という表現です。

日本は民主主義の国ですから、多数決で事が決しないならば、それこそが民主主義の精神に反することであるはずです。

また、「民意を無視して」というのも、国民に対して大変心外な表現です。

国民の代表である議員の意見が民意に反しているのならば、これも民主主義への否定です。

こうした表現を使用するマスコミ各社こそ、民主主義を排して、一体日本をどの様な国にしたいのでしょうか。

なお、前回の衆議院選挙のおり、自民党のマニフェストに安保法案に関連した内容が殆ど扱われていないとする報道もありますが、自民党はそもそも憲法改正を目的に組織された政党です。

またこれまでの安倍総理の発言を見ても、「戦後レジュームからの脱却」という言葉を何度も繰り返し述べています。

「戦後レジュームからの脱却」、それすなわち安全保障の見直し、自虐史観の見直しに他ならないでしょう。

それが国民に伝わっていないとおっしゃるならば、それを解り易く報道しないマスコミに、最大の責任があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

では最後に、再び青山繁晴氏がお話されていたご意見を引用させて頂きたいと思います。

それは、今回の安保法制、集団的自衛権行使容認に関する一連の騒動は、政治家たちによる茶番劇に過ぎないという見解です。

もし本気で野党が、安保法制を廃案に持ち込みたいのであれば、他にいくらでも方法があったというのです。

この話を聞き、慌ててその手段について調べてみたのですが、確かに方法はまだまだある。

つまり野党は、最初からこの法案を本気で潰す気がなかったということです。

ここからは私の意見になりますが、野党も今の日本の状況を考えれば、安全保障の強化、自衛権の強化は避けられないことを充分に認識していたのです。

しかし、当たり前に賛成しては、来年の参議院選において、有利な展開が望めない。

だからこそ、戦争が起こると大騒ぎをして、国民への絶大なアピールを行っていたのではないでしょうか。

デモに参加された方々の中で、ここまでの思惑を持って行動されいた方がおられたとすれば、ある意味で「賢い行動」であったと言えるかもしれません。

しかし、本気で戦争が起こる!日本を守りたい!と思ってデモに参加された方は、実に御可哀想です。

完全に野党の政治アピールの「だし」に使われてしまった訳ですから。

このように政党の中には、国民の感情を弄び、国民の利益を顧みず、己の政党の利益のため、本当の祖国の利益のためだけに活動している組織が多数あります。

本当に日本を守りたいなら、家族や大切な人を守りたいのなら、有権者もしっかりと物事の「核心」を見極める能力を身に付けねばならないのです。

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

アクセスカウンター

  • 65今日の訪問者数:
  • 256昨日の訪問者数:
  • 85今日の閲覧数:
  • 360昨日の閲覧数:
  • 98923総閲覧数:
  • 77798総訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

スポンサーリンク

このページの先頭へ